一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   

きものお手入れ

きもののお手入れ、おまかせください!

「ワンランク上」 のお手入れを。
 
 
 
 
きものを選ぶこと、装うことはもちろん、
きもののお手入れについても、日本橋 谷屋におまかせください。
 
思い出のある大切な着物ですから、ワンランク上の 「高級仕上げ」 が安心です。
 
「丸洗い」 「シミ抜き」 「仕上げ」 などすべて、プロの専門家たち。
 
例えば、丸洗いの前に衿や袖や裾を洗う 「予洗い (よあらい) 」 をおこなうなど、丁寧なお手入れを心掛けております。
 
 
そして ・・・
 
新たなサービスを開始しました!
 
 
今までの 「丸洗い」 では汗は落ちないため、汗をかいたら 「汗抜き」 加工を追加で承っておりました。
 
しかし、実際には費用もかさむため 「丸洗いのみ」 または 「汗抜きのみ」 というお客様が多い現状でした。
 
 
シミ・黄変・カビの原因の一つは汗。
 
目に見えない汗が原因でシミになったり、変色したり ・・・
 
 
従来の加工は、衿や脇など部分的な汗取りでしたが、技術革新により丸洗いと同時に全体の汗抜きができるようになりました。
 
日本橋 谷屋では、よりスッキリ&キレイを目指して、新サービス 「汗抜き丸洗い」 をはじめました!
 
しかも、従来の丸洗い料金とほぼ同額にて「汗抜き丸洗い」を実現。
 
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご相談ください。
 
 
 
 

面倒な 「半衿付け」 承ります!

 
 
長襦袢に付ける 「半衿」 、得意な方にとっては何てことない作業ですが苦手な方にはストレスですよね。
 
そんな面倒な半衿付け、日本橋 谷屋が代わってお付けします!
 
今までは期間限定でしたが、お困りの声が多いため通年承ることにしました。
 
 
半衿(夏・冬あり) + 半衿縫い付け = 2,160円(税込)
 
※素材は 「絹とポリエステルの交織」 で正絹ご希望の方は+800円(税込)・ 半衿持込の場合も料金は変わりません
 
※衿芯の縫い付けからご希望の場合は、プラス1,300円(税込・衿芯代を含みます)となります。
 
お渡しは2週間後となります。
 
 
◇新サービス 「特急加工」
 
この半衿付けですが、最近お急ぎのご相談も多数いただきます。
 
そこで 「特急加工」 という急ぎに対応するサービスをはじめました。
 
通常2週間ほどいただいていた半衿付けを、最短3営業日にてお渡しいたします。
 
※火曜と水曜の定休日、休業日は日数にカウントしません。
 
 
【一例】
 
木曜日にお預かりしたものは、日曜日にお渡し。
 
月曜日にお預かりしたものは、土曜日にお渡し。
※定休日をカウントしないため
 
 
【特急加工料金】
 
半衿(夏・冬あり) + 半衿縫い付け + 特急料金 = 4,320円(税込)
 
※素材は 「絹とポリエステルの交織」 で正絹ご希望の方は+800円(税込)・ 半衿持込の場合も料金は変わりません
 
※衿芯の縫い付けからご希望の場合は、特急料金としてプラス2,600円(税込・衿芯代を含みます)となります。
 
3営業日から9営業日までのお渡しは特急加工料金となります。
 
 
ご相談や半衿付けのご依頼は、お電話や下の 「ご来店予約」 などでお気軽にどうぞ!   
 
 
 

ビフォーアフター例

お手持ちの着物や帯、羽織などの染め替えやお仕立て替えなども承ります。
 
下の例は、派手になった着物(小紋)に、色をかけて落ち着かせました。
 
左:加工前
右:加工後
 
 
 
加工の工程としては 「着物をほどく」 → 「洗い張り」 → 「染め替え」 → 「現在の寸法にお仕立て」 となります。
 
着物の状態は1点1点異なりますので、事前にお見積りしてから進めてまいります。
(ご相談・お見積り共に無料)
 
※ご参考までに、写真の着物のお直し(上記の工程)は、合計58,000円(税込)でした。