一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   

文化講座・きものでお出かけ

結婚式を控えた方へ 【留袖セミナー】
12/14(金) 11時・14時・16時

 
 
結婚式での留袖姿 ・・・
 
・着物のマナー
 
・そもそも留袖って何?
 
・知らないと恥ずかしいこと
 
・持ってる留袖と帯は着て大丈夫?
 
・レンタル留袖の見極め方
 
などと、心配は尽きません。
 
 
私たち日本橋 谷屋は 「きもの悩み相談」 全国検索1位 ※1
 
創業171年の老舗呉服店が開催する留袖セミナーに参加してみましょう!
 
※1 平成30年10月20日現在
 
 
◇結婚式を控えている方へ 「留袖セミナー」
 
 
日時 : 12/14(金) 11時・14時・16時 約1時間 (進行状況により前後する場合があります)
 
※お申込を締め切りました(12/10追記)
 
開催場所 : 日本橋 谷屋 店内
 
講師 : 和の生活マガジン 「花Saku」 編集長
 
ご参加費用 : お一人様 2,000円(税込)
 
お持ちいただくもの : 特にありません
 
 
当店のご利用がはじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
※ご希望の方は、終了後に留袖レンタルのご相談も承ります(プレミアム留袖セット90,000円~)
 
 
 
 
 
日本橋 谷屋の催事・イベント情報は こちらも ご覧ください。
 

【着物で体験&お出かけ】 桃の節句*ひなまつり会席
2/28(木)

 
 
【着物で体験&お出かけ】 桃の節句*ひなまつり会席
 
 
埼玉県は雛人形の一大産地です。
 
さいたま市にある 「二木屋」 さんは、国の有形文化財に登録された建物で、四季折々の室礼とお料理で訪れる方を楽しませてくれます。
 
 
特にひなまつりシーズンは大人気、展示のお雛様の数なんと500体!
 
江戸の寛永雛や享保雛をはじめ、明治大正昭和のお雛様の歴史の流れが一堂に出揃います。
 
ガイドさんの解説を聞き、季節の会席料理をお楽しみください。

 
ドレスコードは着物、カジュアルスタイルでOKです。
 
 
日時 : 2/28(木) 
 
集合 : 12:40 JR京浜東北線 北浦和駅
 
ご参加費用 : お1人様 8,000円(お雛様ガイド代・お食事代・乾杯ドリンク含む)
 
※費用ご入金により、正式ご参加受付となります。ご入金方法はお申込の方に別途お知らせいたします。
 
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
お問い合わせ・お申し込みは、下記のボタンまたはお電話などで気軽にどうぞ。
 
 
 
日本橋 谷屋の催事・イベント情報は こちらも ご覧ください。
 
 

【産地見学会】 山形 米沢ツアー
2/9(土)~10(日)

 
 
【産地見学会】 山形 米沢ツアー
 
 
紅花染や男物の袴、織物の産地として知られる山形県米沢市。
 
近隣の長井市と白鷹町も含めて 「置賜(おいたま)紬」 という名称の紬の産地でもあります。
 
そして毎年2月には 「上杉 雪灯篭まつり」 がおこなわれ、約300基の雪灯篭や1000個の雪ぼんぼりに燭が灯されます。
 
やわらかな灯りが揺らぐ情景、幻想の詩情の世界とともに置賜紬の産地を見学するツアー、ご一緒しませんか?
 
 
日時 : 2/9(土)~ 10(日) 1泊2日 
 
ご参加費用 : お1人様 38,000円(予定)
 
※スケジュールなど詳しくは、メールや電話などでお問い合わせください。
 
 
日本橋 谷屋の催事・イベント情報は こちらも ご覧ください。
 

【着物で体験&お出かけ】 着物とワインでクリスマスパーティ
12/16(日)

 
 
【着物で体験&お出かけ】 着物とワインでクリスマスパーティ
 
 
毎年恒例の谷屋のクリスマス会。
 
今年はワインを楽しむ会を企画いたしました!
 
 
場所は、スカイツリーのお膝元、押上。
 
老舗ワインスクールの講師 遠藤利三郎 氏がプロデュースしたお店 「遠藤利三郎商店」 さん。
 

ワインとお料理の相性についてのお話を聞きながら、ワインのテイスティングやお食事をお楽しみください。

 
ドレスコードは着物、カジュアルスタイルでOKです。
 
 
日時 : 12/16(日) 14時
 
※お申込を締め切りました(12/9追記)
 
ご参加費用 : お1人様 6,000円(ワインテイスティング4種・お食事代含む)
 
※費用ご入金により、正式ご参加受付となります。ご入金方法はお申込の方に別途お知らせいたします。
 
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
 
日本橋 谷屋の催事・イベント情報は こちらも ご覧ください。
 

【産地見学会】 奄美大島ツアー
11/12(月)~14(水)

 
 
紬の着物の代表格 「大島紬」 。
 
現在、大島紬は奄美大島と鹿児島市内で織られるものが多く、他に宮崎県都城市や東京都武蔵村山市などがあります。
 
 
また、大島紬といえば 「泥染め」 が有名ですが、今回この泥染めの本場 奄美大島へのツアーを企画。
 
泥染めをはじめとした作業工程の見学や体験、田中一村の美術館や西郷南州蟄居跡、野茶坊焼、島唄・島料理など、奄美を堪能する3日間です。
 
 
【産地見学会】 奄美大島ツアー
 
日時 : 11/12(月)~ 14(水) 2泊3日 
 
ご参加費用 : お1人様 100,000円
 
※スケジュールなど詳しくは、メールや電話などでお問い合わせください。
 
※おかげさまで定員締切となりました (10/17追記)
 
 
余談ですが ・・・
 
大島紬の反物には、下のように色々な証紙が付いています。
 
 
 
 
 
この証紙の意味や違いやについては こちら をご覧ください。
 
 

【文化講座】 京真田紐のお話
10/27(土) 11時~・14時~・16時~

 
 
「京真田紐師 江南(えなみ)」 の15代目 和田 伊三男 氏が受け継ぐ手織りの真田紐。
 
真田紐は、組紐の一種ではなく独立した一つの紐種で、作り方も使い方も異なります。
 
 
真田紐は機を使い、タテ糸とヨコ糸で平たい紐状に織っていくもの、「組む」 のではなく 「織る」 のです。
 
つまり、世界で最小に近い織物といえます。
 
 
また、組紐はシルクロードから中国を経て日本の宮中に伝来されたとする書物や記録がありますが、この真田紐は武士や民間の紐であり、書物や記録をたどるのが難しいといわれます。
 
戦国時代の武将 真田 幸村が作りはじめたという説もありますが、さてどうなんでしょう?
 
このたび、江南15代目 和田伊三男 氏をお招きし 「京真田紐のお話」 を開催いたします。
 
 
◇京真田紐のお話
 
10月27日(土) 11時~ ・ 14時~ ・ 16時~
 
※講演中は参加者以外の入場はご遠慮ください
 
※お申込を締め切りました(10/25追記)
 
講演時間 : 約45分
 
定員 : 各回 5名様 (予約優先)
 
参加費用 : お一人様 3,000円
 
参加特典 : 江南さんの真田紐(三分紐)1本プレゼント
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

10月27日(土)~10月29日(月)は、ギャラリーコーナーにて 「京真田紐展」 も同時開催。
 
※27日の 「京真田紐のお話」 講演中は参加者以外の入場はご遠慮ください(詳細は上記スケジュールご参照)
 
 
会期中は真田紐に製品のほか、関係する資料展示もおこないます。
 
近年の真田紐は木綿製や化繊製が多くなっていますが、京真田紐は正絹か木綿。
 
そして、一枚ものの 「一重織」 のほかに、袋状に織る 「袋織」 も江南さんでは手掛けています。
 
 
帯留用の三分紐や二分紐、真田紐の創作小物などの展示販売もおこないます。
 
ギャラリーへの入館料は無料ですので、はじめての方もどうぞ気軽にご覧ください。
 
 
日本橋 谷屋のギャラリー情報は こちらも ご覧ください。
 
 

【着物で体験&お出かけ】 リムジンクルーズ 観月会

 
 
改装前セールやその後の店内改装などで、しばらくお休みしておりましたが 「着物で体験&おでかけ」 「文化講座」 を再開いたします。
 
「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 「日本の四季を感じる」 ・・・
こんなお手伝いができたら、と企画しています。
 
 
【着物で体験&お出かけ】 リムジンクルーズ 観月会
 
 
リムジンって乗られたことはありますか?
 
あの長ーい車体の中はどうなっているの?
 
そんな興味本位もあり、リムジンクルーズと恒例の観月会を開催いたします。
 
 
 
 
お食事会場は、今年3月にリニューアルオープンした東京都庭園美術館のレストラン 「デュ パルク」 さん。
 
庭園を望む開放的な空間とフレンチをお楽しみください。

 
ドレスコードは着物、カジュアルスタイルでOKです。
 
 
日時 : 9/22(土) 
 
※お申込を締切ました(8/12追記)
 
集合 : 16時 日本橋 谷屋
 
ご参加費用 : お1人様 10,000円(リムジン乗車料・お食事代・乾杯ドリンク含む)
 
※費用ご入金により、正式ご参加受付となります。ご入金方法はお申込の方に別途お知らせいたします。
 
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
 
日本橋 谷屋の催事・イベント情報は こちらも ご覧ください。
 
 

【産地見学会】 京都 祇園後祭&老舗の染め屋さんツアー
7/23(月)~24(火)

 
 
京都 祇園祭の「後祭(あとまつり)」 と、老舗の染め屋さんを訪ねるツアーをおこないます。
 
 
京都 八坂神社のお祭り 「祇園祭」 は、疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)がはじまりです。
 
1100余年の伝統を有し、毎年7月1日の 「吉符入り」 から31日の「夏越祓」までの1ヶ月にわたる神事が、京都に夏を告げます。
 
なかでも16日の宵山・17日の山鉾巡行などの人出が集中します。
 
 
そして2014年に約半世紀ぶりに1週間後の 「後祭」 が復活、当店ではこの後祭の山鉾巡行へご案内いたします。
 
 
今回のツアーでは、祇園祭と老舗の染め屋さん見学のほか、お香体験や隠れ家的お食事処など、夏の京都をご堪能ください。
 
 
【産地見学会】 京都 祇園後祭&老舗の染め屋さんツアー
 
 
日時 : 7/23(月)~24(火) 1泊2日 
 
ご参加費用 : お1人様 59,000円
 
※スケジュールなど詳しくは、メールや電話などでお問い合わせください。
 
※おかげさまで定員締切となりました (6/13追記)
 
 

【産地見学会】 秩父太織 工房参観日
7/11(水)

 
 
埼玉県秩父市に伝わる、幻の織物 「太織 (ふとり)」 をご存知でしょうか。
 
秩父の養蚕農家の繭から糸を作り、天然の染料で染め、手織りで織り上げています。
 
糸づくりから織まで、すべてを一つの工房でおこなうというこだわりよう。
 
すべてが手作業のため、市場にはほとんど出回っておりません。
 
しかし、その風合い、美しさは一見の価値ありです。
 
 
この秩父太織を製作する工房 「Magnetic Poie(マグネティック ポール)」 さんは、一般の方には工房を公開しておりませんが、今回、1日限定で工房内を公開いたします。
 
そして当日は、私たち谷屋のスタッフもお手伝いに工房へ行っております。
 
 
ぬくもりのある織物の工程を間近で見ることは、なかなかありませんので、ぜひ小旅行気分で秩父へお出かけくださいませ。
 
 
秩父太織 工房参観日
 
公開日時 : 7月11日(水) 11時~15時
※現地集合・現地解散です。ご都合の良い時間にお越しください。(申込不要)
 
場所 : Magnetic Poie 埼玉県秩父市影森71-9
 
アクセス : 秩父鉄道 「影森駅」 下車すぐ
 
内容 : 工房見学・座繰りによる糸繰りと機織の実演・半衿染め体験(下記参照)など
 
 
▼お楽しみワークショップ▼
 
◎秩父地域の恵みで 「絹半衿」 染め体験
 
 
 
草木で半衿をステキに染めましょう!

 
日時:7月11日(水) 11:20~ ・ 12:40~ ・ 14:00~  約1時間
 
定員:各回5名様(先着順・事前予約可)
 
費用:1回500円(税込)
 
※絹半衿代は別途(1,000円)・持ち込み歓迎! ← 黄ばんだ絹半衿もOKです
 
 

【産地見学会】 山形 紅花染め&さくらんぼツアー
7/2(月)~3(火)

 
 
「紅花染めといえば新田」 といわれるくらい、紅花染めの第一人者 山形県米沢市の新田さんを訪ねるツアーをおこないます。
 
 
そもそも紅花の染色については、6世紀後半の藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)から見つかったものが最古でしたが、その後、3世紀前半の纏向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)から出土し、弥生時代にはすでに染められていたことがわかりました。
 
時は流れて昭和38年、袴の織元でもあった新田秀次さんが途絶えていた紅花染めの研究に着手。
 
文献も無いなか山形県が保存していた紅花を増やして作り、およそ8年の歳月をかけて紅花染めが復元されました。
 
 
今回のツアーでは、この紅花染めの元になる 「紅餅」 作り(写真下)や、置賜紬と称される山形の染織品の見学、上杉家ゆかりの神社や御廟所、さくらんぼ狩りなどをご堪能ください。
 
 
【産地見学会】 山形 紅花染め&さくらんぼツアー
 
日時 : 7/2(月)~3(火) 1泊2日 
 
ご参加費用 : お1人様 39,000円
 
※スケジュールなど詳しくは、メールや電話などでお問い合わせください。
 
※おかげさまで定員締切となりました (6/9追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 津軽三味線 と ほおずき市

 
 
改装前セールやその後の店内改装などで、しばらくお休みしておりましたが 「着物で体験&おでかけ」 「文化講座」 を再開いたします。
 
 
【着物で体験&お出かけ】 津軽三味線 と ほおずき市
 
 
浅草寺 弁天堂近くの 「和えん亭 吉幸」 さんは、都内では珍しくなってきている古民家然とした佇まいの日本家屋で、こちらではお料理と津軽三味線を堪能することができます。
 
マイクや電子音に頼らない素の弦の音色はもちろん、奏者の息遣いも聞こえるほどの臨場感たっぷりのお席です。
 
津軽三味線鑑賞の後は、浅草寺のほおずき市を散策しつつ自由解散となります。
 
ドレスコードは着物、ゆかたを含めカジュアルスタイルでOKです。
 
 
日時 : 7/9(月) 
 
集合 : 13時 浅草寺近く 和えん亭 吉幸(きっこう)
 
ご参加費用 : お1人様 3,500円
 
※費用ご入金により、正式ご参加受付となります。ご入金方法はお申込の方に別途お知らせいたします。
 
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
 
※おかげさまで定員締切となりました (6/4追記)
 
 
 
 
 
◎ほおずき市
 
7月9日、10日、浅草寺境内を彩るほおずきの屋台は、浅草の夏の風物詩。
 
その日に参拝すると、100日、1,000日分の功徳が得られるという特別な日を 「功徳日」 といいます。
 
浅草寺では月に1度、年に12回の功徳日を設けており、このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳があるとされることから、特に 「四万六千日」 と呼ばれています。
 
46,000日はおよそ126年に相当し、人の寿命の限界ともいえるため 「一生分の功徳が得られる縁日」 というわけです。
 
9日、10日の両日、いなせな格好の売り子たちが声をあげてほおずきを売り、境内は朝から晩まで参拝者で賑わいます。
 
観世音菩薩の功徳に感謝して参拝し、ほおずき市とともに江戸情緒を味わいましょう。
 
 

【着物で体験&お出かけ】 ホテルで茶道体験

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月) 「着物で寄席」 からはじまり 「湯島天神 梅まつり&寄席」 「はとバス体験」 「八芳園の観桜会」 「アフタヌーンクルーズ」 「歌舞伎鑑賞教室」 「都電荒川線&アフタヌーンティ」 「風呂敷講座&甘味処」 「観月の宴 フラメンコショー」 「結城紬 産地見学会」 と続きます。
 
そして11月は 「ホテルで茶道体験」 。
 
 
11月は文化の日もあり、教養を兼ねて茶道体験はいかがでしょうか?
ホテルニューオータニ内の茶室 「清静庵」 にてお茶をいただく 「ホテルで茶道体験」 を開催いたします。
 
正式なお茶会ではありませんので、堅苦しいことなく作法をご存知でない方もどうぞ気軽にご参加くださいませ
 
ドレスコードは、着物です。
 
 
日時 : 11/25(土) 
 
集合 : 14時~ ・ 15時~ ホテル ニューオータニ 東京
 
ご参加費用 : お1人様 1,500円
 
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いもOKです。
 
※終了後、ご希望の方のみマリー・ローランサン美術館へご案内いたします。(別途入場料1,200円要)
 
 
※定員締切となりました。 (11/12 追記)
 

【着物で体験&お出かけ】 結城紬 産地見学会

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月) 「着物で寄席」 からはじまり 「湯島天神 梅まつり&寄席」 「はとバス体験」 「八芳園の観桜会」 「アフタヌーンクルーズ」 「歌舞伎鑑賞教室」 「都電荒川線&アフタヌーンティ」 「風呂敷講座&甘味処」 「観月の宴 フラメンコショー」 と続きます。
 
そして10月は 「結城紬 産地見学会」。
 
 
着物をお好きな方にとっては1枚は欲しい、といわれる結城紬。
 
今回、一般には公開されない現地の作業場や製作工程などをご覧いただける機会を設けました。
 
出来上がるまでにどれだけ手間がかかるのか、なぜ高価なのか ・・・
 
着物を選ぶ際のポイントは色柄が一番だと思いますが、もう一歩踏み込んで背景の物づくりにも関心を持っていただきたい、そんな思いでご案内いたします。
 
着物でのご参が必須ではありませんが、特典もございますので、ぜひ着物で!
結城紬については こちらも ご覧ください。
 
 
日時 : 10/27(金) 
 
集合 : 13時 JR 「小山駅」 新幹線改札口周辺 (予定)
 
ご参加費用 : お1人様 3,000円 (見学料、茶菓料、現地交通費等) ・ 着物でご参加の場合 2,000円!
 
※東京駅から小山駅までの新幹線ご希望の方は手配も承ります。(有料)
 
 
※お申込を締め切りました。(7/31追記)
 

【ワークショップ】 てまりの針山
 

 
 
古くて新しい金沢の手仕事 「加賀てまり」 をご存知ですか?
 
5月より店内にてご紹介しておりますが  「作ってみたい!」 というお声もありましたので、てまりの手法を用いた針山製作のワークショップを開催いたします。
 
 
土台までは用意してありますので、糸を選んでかがるだけ。
 
しかも球面の片面しかかがりませんので、簡単! ( のはず・・・ )
 
 
着物を着る時に必須の 「半衿付け」 が少しでも楽しくなるように、可愛らしい針山を作りませんか?
 
はじめての方も、どうぞ気軽にご参加ください。
 
 
日時 : 10/23(月) ・ 28(土) 2日間とも14時~ 約2時間 (デザインや進行状況により前後する場合があります)
 
開催場所 : 日本橋 谷屋 店内
 
定員 : 各日2名様
 
ご参加費用 : お1人様 2,500円(道具・材料費込)
 
お持ちいただくもの : 特にありません
 
 
★お着物特典 : お着物でご参加の方は500円引き! (お洋服でもご参加いただけます)
 
※お申込を締め切りました。(10/21追記)

【ワークショップ】 半衿付け

 
 
長襦袢の半衿付け、得意な方にとっては何てことないかも知れませんが、「苦手」 「面倒」 とおっしゃる方が非常に多いのが現状です。
 
もっといえば、この半衿付けが面倒だから着物を着るのを躊躇してしまう、なんてお声もあります。
 
 
そこで、本格的な半衿の付け方ではなく簡略化した付け方、実用的な付け方をお教えするワークショップを開催いたします。
 
 
日時 : 10/20(金) ・ 21(土) 2日間とも14時~ 約1時間半 (進行状況により前後する場合があります) 
 
開催場所 : 日本橋 谷屋 店内
 
定員 : 各日2名様
 
ご参加費用 : お1人様 1,500円(交織の半衿つき・正絹ご希望の方はプラス800円)
 
お持ちいただくもの : 半衿の付いていない長襦袢 ・ 裁縫セット(お持ちでない方は当店にもあります) ・ 半衿(お手持ちの付けたい半衿がある場合)
 
★お着物特典 : お着物でご参加の方は500円引き! (お洋服でもご参加いただけます)
 
※お申込を締め切りました。(10/20追記)

【着物で体験&お出かけ】 観月の宴 フラメンコショー

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月) 「着物で寄席」 からはじまり 「湯島天神 梅まつり&寄席」 「はとバス体験」 「八芳園の観桜会」 「アフタヌーンクルーズ」 「歌舞伎鑑賞教室」 「都電荒川線&アフタヌーンティ」 「風呂敷講座&甘味処」 と続きます。
 
そして9月は 「観月の宴 フラメンコショー」。
 
 
今年の中秋の名月は10月4日ですが、少々先取りで 「観月の宴」 を開催いたします。
 
宴には踊りがつきもの?
ということで、フラメンコショーを体感しませんか!
 
本場の情熱の踊りとともに、本格スペイン料理もお楽しみくださいませ
 
ドレスコードは、着物です。
 
 
日時 : 9/30(土) 
 
集合 : 18時 新宿 伊勢丹会館6F 「タブラオ・フラメンコ・ガルロチ」 店舗入口 (予定)
 
ご参加費用 : お1人様 9,000円 (ショーチャージ、ディナーコース代含む)
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでOKです。
 
※お申込を締め切りました。(9/18追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 風呂敷講座&甘味処

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月) 「着物で寄席」 からはじまり 「湯島天神 梅まつり&寄席」 「はとバス体験」 「八芳園の観桜会」 「アフタヌーンクルーズ」 「歌舞伎鑑賞教室」  「都電荒川線&アフタヌーンティ」 と続きます。
 
そして8月は 「風呂敷講座&甘味処」。
 
 
近年、エコとあわせて見直されている風呂敷。
この風呂敷にまつわるお話や具体的な使い方、実演を含む講座でスキルアップ。
 
約90分しっかり学んで、その後は人形町の老舗甘味処で栄養補給!?
 
暑さに負けず、ゆかたや夏着物でご参加ください。
ドレスコードは着物です!
 
 
日時 : 8/31(木) 
 
集合 : 13:30 人形町 風呂敷専門店 「唐草屋」 (16:30頃に現地解散予定)
 
ご参加費用 : お1人様 3,000円 (講座受講料、甘味代含む)
 
定員 : 5名様
 
※お申込を締め切りました。(7/15追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 都電荒川線&アフタヌーンティ

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月) 「着物で寄席」 からはじまり 「湯島天神 梅まつり&寄席」 「はとバス体験」 「八芳園の観桜会」 「アフタヌーンクルーズ」 「歌舞伎鑑賞教室」 と続きます。
 
そして7月は 「都電荒川線&アフタヌーンティ」 。
 
 
都電荒川線は東京に残る唯一の都電で、三ノ輪橋~早稲田間を運行しています。
 
今回この都電を1両、当店で貸し切りました!
聞いたこと、見たことはあっても、乗車されたことはないという方も多いのではないでしょうか?
視点を変えて都内を見てみると新たな発見があるかも ・・・
 
都電の終点の早稲田ではリーガロイヤルホテルにてアフタヌーンティとともにおくつろぎください。
 
ドレスコードは、着物です。
 
 
日時 : 7/3(月) 
 
集合 : 13時 東京メトロ 千代田線・京成線 「町屋駅」
 
ご参加費用 : お1人様 4,500円 (乗車代、ケーキ・コーヒーセット代を含みます)
 

※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでもOKです。
17時頃にリーガロイヤルホテルにて解散予定。ホテルから高田馬場駅へシャトルバスの利用が可能です。
 
※お申込を締め切りました。(6/30追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 歌舞伎鑑賞教室

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月)は 日本橋で 「寄席」、2月は 「湯島天神 梅まつり&寄席」、3月は 「はとバス体験」 、4月は八芳園での 「観桜会」、5月は 「アフタヌーン クルーズ」 と続きます。
 
そして6月は 「歌舞伎鑑賞教室」 。
 
 
400年の歴史を持つ歌舞伎の魅力を、より多くの方に気軽に楽しんでいただけるように、国立劇場にて 「歌舞伎鑑賞教室」 がおこなわれます。
 
歌舞伎俳優さんがみどころなどをわかりやすく解説してくれますので、初めての方も楽しめると思います。
 
【歌舞伎鑑賞教室】
歌舞伎十八番のうち 「毛抜(けぬき)」
出演 : 中村錦之助 ・ 片岡孝太郎 ほか
※以前の演目記載に誤りがありました
 
着物で歌舞伎鑑賞教室、ご一緒しませんか?
 
 
日時 : 6/3(土) 14時 国立劇場 集合
ご参加費用 : お1人様3,900円 (一等席)
 
着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでOKです。
 
着付けサービス追加しました!
ご自宅から着物を着て出かけるのが基本ですが 「着付けに自信がない」 というお声もいただきましたので、当店にて着付けサービスをおこなうことにしました。
 
当日、着物一式をお持ちいただき、当店にて着替えて国立劇場へご案内いたします。
着付け費用は、お1人様1,080円(税込)です。
 
※お申込を締め切りました。(5/29追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 アフタヌーン クルーズ

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月)は 日本橋で 「寄席」、2月は 「湯島天神 梅まつり&寄席」、3月は 「はとバス体験」 、4月は八芳園での 「観桜会」 。
 
そして5月は 「アフタヌーン クルーズ」 。
 
 
洋上で楽しむ潮風と陽光とかわりゆく街の色 ・・・
 
船に乗るというと、世界一周や豪華客船をイメージされるかもしれません。
 
今回はもっと気軽に、午後のひとときを洋上で過ごしませんか?
 
ドレスコードは、着物です。
 
 
日時 : 5/21(日) 乗船時間 15:00~15:50
 
集合 : 14時20分 日の出埠頭 「シンフォニーのりば」 新交通ゆりかもめ 「日の出駅」 1分ほか
 
ご参加費用 : お1人様 2,600円 (乗船代、ケーキ・コーヒーセット代を含みます)
 
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでもOKです。乗船前に 「旧 芝離宮恩賜庭園」 の散策も予定しております。(ご参加は自由)
 
※お申込を締め切りました。(5/15追記)
 
 

【文化講座】 いけばなの源流 「たて花」

当店では 「和文化の心を学ぶ」 をテーマとした文化講座を開催しております。
これは、気軽なカルチャーやワークショップよりワンランク上の 「お稽古」 に近い学び入門。
 
「体験教室へ行く前の体験」 をしませんか? というご提案です。
 
5月は、いけばなの源流といわれる 「たて花」 の講座です。
 
 
たて花は、日本の伝統文化の一つ 「いけばな」 の源流ともいうべき花形で、室町時代に仏教から発祥しました。
現在では、生ける花とは別に立てる花の立花(りっか)として形は残っていますが、当時の、神仏に奉る花としてのたて花は長い間忘れ去られた存在でした。
 
昭和・平成を代表する花人、故・岡田幸三師が昭和27年頃から着手され、古典花道研究の賜として室町の 「たて花」 が現代に甦りました。
 
花瓶に藁を入れて、真直ぐな心を神仏に奉る花姿は、昔の花形でありながら新鮮な感動を呼び起こしてくれます。
そして心を大切にすることを見直すべき今の時代にぴったりの花形だと思えます。

室町の花人が世の平和を願い、本来あるべき精神を自然から学び育んできた、たて花。
古典の花と親しむことで、自然の摂理や真理を少しでも意識できる機会となれば幸いです。
 
 
この 「たて花」 の講座は2年ほど前よりおこなっておりますが、今回はじめて 「たて花」 「生花」 「なげいれ花」 の3種を同時に展示いたしますので、それぞれの違いや特徴もご覧いただけます。
 
 
いけばなの源流 「たて花」 実演&講演
 
5/18(木) 午後2時~ 午後4時~ 
 
各回 定員5名様 約45分
 
ご参加費用 お1人様1,000円
 
 

【文化講座】 書の専門家による 「筆ペン」

当店では 「和文化の心を学ぶ」 をテーマとした文化講座を開催しております。
これは、気軽なカルチャーやワークショップよりワンランク上の 「お稽古」 に近い学び入門。
 
「体験教室へ行く前の体験」 をしませんか? というご提案です。
 
4月は、書の専門家による 「筆ペン」 体験講座です。
 
 
書と言いましても 「太筆」 「小筆(細筆)」 「ペン習字」 「ボールペン字」 など様々です。
 
すべてに精通した講師の方をお招きし、「書・筆ペン」 の体験講座をおこないます。
写真は前回 「書・小筆」 の時の様子です。
 

道具類はすべて講師の方がご用意してくれますので、手ぶらで大丈夫です。
 
「これから書を楽しみたい」 という方はもちろんのこと、 「久しぶりに書に触れてみたい」 方、 「子供のころ以来だけど上手な字が書きたい」 方など、まずは身近な 「筆ペン」 でスタートしてみませんか?
 
「筆ペン」 は冠婚葬祭などで実際に役立ちます!
 
 
書の専門家による 「筆ペン」 体験講座
 
4/29(土・祝)
午後2時~ 午後4時~
 
各回 定員5名様 約1時間30分
 
ご参加費用 お1人様2,000円

※使用する筆ペンの代金も含まれていますので、体験後に筆ペンのお持ち帰りもできます。どなたでもご参加いただけます。この講座は洋服でのご参加もOKです。
 
 
※お申込を締め切りました。(4/26追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 八芳園での 「観桜会」

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目(1月)は日本橋で 「寄席」、2月は 「湯島天神 梅まつり&寄席」、3月は 「はとバス体験」 。
 
そして4月は八芳園での 「観桜会」 。
 
 
広大な庭園を有する八芳園は、桜の名所としても人気があります。
 
この八芳園の 「スラッシュカフェ」 にて、ガラス張りの店内から桜を愛でながらお食事を楽しみましょう。
 
ドレスコードは、着物。
 
思い思いの着物での観桜会、ご一緒しませんか?
 
 
日時 : 4/1(土) 13時~15時頃
 
ご参加費用 : お1人様8,000円
 
着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでもOKです。
 
 
※お申込を締め切りました。(3/26追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 はとバス体験

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目は日本橋で 「寄席」 、2回目は 「湯島天神 梅まつり&寄席」 。
 
そして3回目は 「はとバス」 体験。
 
 
そう、あの 「はとバス」 に着物で乗ってしまおう! という企画です。
 
【予定コース】
東京駅 → 六本木ヒルズ・東京シティビュー大展望 → ヒルトン東京 「中国料理王朝」 (昼食) → NHKスタジオパーク見学 → 明治神宮参拝 → 東京駅
 
着物でバスに乗ってゆったりのんびり、そして充実、そんな1日をご一緒しませんか?
 
 
日時 : 3/19(日) 9時30分 東京駅 丸の内南口 はとバス乗り場 出発 (15:40現地解散予定)
ご参加費用 : お1人様9,400円 (各種入場料・昼食つき)
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでOKです。
 
 
※お申込を締め切りました。(3/10追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 湯島天神 梅まつり&寄席

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目、日本橋での 「寄席」 に引き続き、2回目は「湯島天神 梅まつり&寄席」 です。
 
今回は着物で散策しながら寄席へ、という前回のステップアップ版。
 
コースの予定は
御茶ノ水駅 → 大久保彦左衛門屋敷跡 → ニコライ堂 → 大田姫神社 → 湯島聖堂 → 湯島天神 → お江戸上野広小路亭(寄席)
 
 
日時 : 2/27(月) 10時00分 御茶ノ水駅付近(予定) 集合
ご参加費用 : お1人様3,000円 (お弁当・入場料つき)
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでOKです。寄席は途中入場で15時30分頃の終了予定です。
 
 
※お申込を締め切りました。(1/26追記)
 
 

【着物で体験&お出かけ】 日本橋で 「寄席」

今年は 「着物で体験&お出かけ」 イベントを毎月開催する予定です。
 
これは 「着物を着て楽しかった」 「着て良かった」 「また着たい」 と思っていただきたいから。
今年の第1回目は日本橋で 「寄席」 体験です。
 
 
当店にお集まりいただき、近くにあります 「お江戸 日本橋亭」 へご案内いたします。
一緒に寄席を楽しみませんか?
 
 
日時 : 1/19(木) 12時20分集合
ご参加費用 : お1人様2,000円
 
※着物は小紋や紬などのカジュアルな装いでOKです。昼食を済ませてお集まりください。寄席は13時~15時30分の予定です。
 
 
※お申込を締め切りました。(1/15追記)