一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   

併設ギャラリー

日本橋 谷屋の併設ギャラリーでは、自社企画のほかに貸出もしております。
日本の伝統工芸品を中心に、染織、陶芸、漆芸、ガラス、木工、彫金など、作品発表の会場としてお使いください。

また、事前にDMやチラシをご用意いただけましたら、当ギャラリー内での掲載や当社の顧客へご案内いたします。
当社ホームページやFacebookなどでも情報発信のお手伝いをいたします。

イベントスケジュール

 
 
本年2018年は江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目の年です。
東京都でも 「Old meets New 東京150年」 として、さまざまな企画が予定されています。
日本橋 谷屋のギャラリーでは、この150年を振り返り、明治・大正・昭和の染織品を特別展示いたします。
 
※上の写真は 「Old meets New 東京150年」 ロゴマークです。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
《ただ今のギャラリー展示》
 
 
店内イベントに連動した展示となっております。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
貸出のご希望など、ギャラリーに関するお問い合わせは、お電話や下のボタンよりお気軽にどうぞ。

 
 
 
※現状(平成30年6月7日現在)のギャラリー貸出可能期間は下記の通りです。
 
平成30年
8/16~20
8/30~9/3
9/27~10/1
10/25~29
 
上記以外も一度ご相談ください。
 
11月以降は随時お知らせいたします。
 

日本橋 谷屋 ギャラリーの特徴

◇便利な立地
日本橋 谷屋の併設ギャラリーは都心でも特にアクセスが充実しているのが特徴。
 
東京メトロ 半蔵門線 「三越前駅」
東京メトロ 銀座線 「三越前駅」
東京メトロ 東西線 「日本橋駅」
都営地下鉄 浅草線 「日本橋駅」
JR 総武快速線 「新日本橋駅」
JR 各線 「東京駅」
 
と線路が豊富なので、多くの人々が行き交う場所です。
多くの人に見ていただくことができます。
 
 
また、日本橋は五街道の起点、江戸の中心地として栄え、老舗から話題のスポットまで多数あります。
 
三越
にんべん
榮太郎
コレド室町
三井記念美術館
各県アンテナショップ
などなど。
(敬称略)
 
 
◇周辺の相場より手頃な価格
併設ギャラリーのため料金もリーズナブル。
日本橋でこの料金でご利用いただけるのはここだけです。
 
 
◇間延びしないコンパクトサイズ
作り手と来場者の距離が縮まり、心通う空間になります。
ご来場者お一人おひとりに真摯に、丁寧にコミュニケーションが取れる場です。
 
 

利用料金

一単位70,000円(税込)
※お申し込み時に半額をお支払いいただき、ご利用の1ヶ月前までに残金をお支払いください。
※お申し込みの受付は、1年前~1ヶ月前です。
 
 

平面図

 
※詳細は現状を優先します。
 
 
 
 
写真上:入口からギャラリー内を見た様子
写真下:中から入口付近を見た様子
 

キャンセル料

・開催当日より3ヶ月以内のキャンセル:使用料金の50%
・開催当日より1ヶ月以内のキャンセル:使用料金の100%
 
 

展示期間

原則として5日間(木曜日~月曜日)を一単位といたします。
※ご利用時間は11:00~19:00、搬入搬出も含みます。
※上記以外の曜日や時間はご相談ください。
 
 
 
 

利用規約

1.利用目的
・日本の伝統工芸品を中心に、染織、陶芸、漆芸、ガラス、木工、彫金など、作品発表の会場として提供いたします。
・お申し込み時に展示内容によってはご利用をお断りすることがございます。
・積極的な物販でのご利用につきましては、内容により判断させていただきます。
 
 
2.展示期間
・原則として5日間(木曜日~月曜日)を一単位といたします。
・ご利用時間は11:00~19:00、搬入搬出も含みます。
・上記以外の曜日や時間はご相談ください。
 
 
3.利用料金
・一単位70,000円(税込)
・お申し込み時に半額をお支払いいただき、ご利用の1ヶ月前までに残金をお支払いください。
・お申し込みの受付は、1年前~1ヶ月前です。
 
 
4.キャンセル料
・開催当日より3ヶ月以内のキャンセル:使用料金の50%
・開催当日より1ヶ月以内のキャンセル:使用料金の100%
 
 
5.告知
・事前にDMやチラシをご用意いただけましたら、当ギャラリー内での掲載や当社の顧客へご案内いたします。
・当社ホームページやFacebookなどでもご案内いたします。
 
 
6.ご利用方法
・ご利用期間中は、当社スタッフが開閉し常駐いたしております。
・お茶やクッキーなどの喫茶は可能ですが、アルコールやお食事などの飲食はご遠慮ください。
・利用者側の不注意による壁面や床、備品等の破損・紛失・汚損は実費をご負担願います。
・不慮の災害(火災・盗難・地震)については、当ギャラリーは一切その責めを負いません。
・当ギャラリーの責に帰すべき事由による作品破損・紛失・汚損については、ご利用料金の限度にて弁償いたします。
 
 
7.作品販売
・ご利用者自身で作品を販売される場合は手数料をいただきません。
・ただし、当社の顧客や、当社に金銭の授受を含む販売を委託する場合は、コミッション料として販売価格の原則30%をいただきます。
 
 
8.展示方法
・展示作業等は、ご利用者様がおこなってください。
・壁面への画鋲やピンは使用しないでください。
・備品の展示台やテーブル、イスなどの使用料は無料です。
 
 
9.禁止事項
・使用目的と異なる使用。
・当ギャラリーの使用権の転貸や譲渡。
・当ギャラリー内での喫煙。
・同じ建物内や近隣に迷惑を及ぼすおそれのある言動や行為、音楽等。
 
 
10.その他
・本規約に規定のない事項につきましては、個別にお話し合いをさせていただきます。
・本規約に反する行為があった場合は、利用を中止させていただきます。その場合、原則として受領した利用料金は返金いたしません。
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
《以前の展示内容》
 
 
 
【明治の衣裳 暮らしの中の着物】
 
5月17日(木)~5月21日(月)
 
 
明治時代の、お茶席や日常着としての着物。
 
これらの衣裳には、婚礼や式典向けの華やかさとは異なり、穏やかな色合い、控えめな装飾が施されています。
 
その穏やかで控えめな中にも、当時の職人たちの様々な技が発揮され、現代では見ることのできない作品や技法が存在します。
 
このたび、旧家に保存されていた明治時代の衣裳を 「暮らしの中の着物」 として特別展示いたします。
 
当時の職人たちの技、それを誂え着こなした明治の女性像 ・・・
 
ご覧いただきながら、皆様それぞれの明治時代に思いを馳せていただけましたら幸いです。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
◇【西陣のはたおと】
 
6月14日(木)~6月18日(月)
 
 
室町時代、我が国を二分する戦いとなった応仁の乱(1467-1477)が終わると、各地に離散していた織物職人たちも京都に戻り、戦乱の際に山名宗全率いる西軍の陣地が置かれていたあたりで、織物作りを再開します。
 
戦乱以前から織物の町として栄えていた京都北西部の一帯が 「西陣」 と呼ばれるのはこの頃からで、西軍の陣地跡から 「西陣」 の名があります。
 
 
以来、この西陣では連綿と織物作りが受け継がれていますが、今回ギャラリーでは、戦後の復興期、昭和28年よりはじまりました西陣織大会(現 西陣織展)をテーマに展示いたします。
 
毎年、西陣の織屋が切磋琢磨して新作に挑む、西陣織最高峰の競技会への職人たちの職人たちの意気込みを感じてください。
 
※上の写真は、昭和28年・29年・53年の入賞作品です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 【真綿の造形織物】 ~点と線と面~
 
6月21日(木)~7月1日(日)
 
 
蚕から手で紡いで作る真綿の糸は、工業生産用に出荷される糸と異なり、太さが均一ではなく節があります。
 
このことから、紬と呼ばれるカジュアル向きの着物の素材に用いられ、各地域に根ざした織物として今も受け継がれています。
 
 
今回展示する 「真綿の造形織物」 は、この真綿を立体的にデザイン、帯に表現しています。
 
従来の真綿のイメージから離れ、 「点と線と面」 をテーマに真綿の可能性に迫ります。
 
 
冬から春へ、暖かいイメージの真綿を日本の四季にあわせて展示しているのも今回の特徴です。
 
芸術的であるとともに、着物にコーディネートする実用的な帯としての側面も大切にされた作品をご覧ください。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
【秩父銘仙】
 
7月12日(木)~7月16日(月)
 
 
「秩父銘仙(めいせん)」 は、8世紀頃に知々夫彦命(ちちぶひこのみこと)が住民に養蚕と機織りの技術を伝えたことが起源といわれています。
 
秩父は山に囲まれた地形で稲作に向かなかないことから養蚕業が盛んでした。
 
なかでも、規格外の繭を使った 「太織(ふとり)」 と呼ばれる野良着は、次第に評判を呼び大衆の普段着として好んで使われるようになりました。
 
 
その後、太織は 「秩父銘仙」 と名前を変え 「ほぐし捺染(なっせん・なせん)」 技術の開発のより大胆で華やかなデザインの織物になり、大正から昭和初期にかけて女性のおしゃれ着として全国的に人気を誇るようになりました。
 
銘仙の語源は諸説ありますが、明治30年初期に東京 三越で販売された際に 「産地それぞれが責任を持って優良品を選んだ」 との意味から 「銘撰」 の字が当てられ、その後に 「撰」 が 「仙」 に変わり銘仙になったとされています。
 
 
本展では、秩父市と秩父銘仙協同組合のご協力により、大正から昭和・平成へと受け継がれる秩父の織物や資料を展示いたします。
 
 
展示品:秩父銘仙の着物(昭和初期)・創作図案集(大正14年)・古い原画を元に現代復元創作した秩父銘仙裂・秩父銘仙の源流となる秩父太織の着物(現代)など
 
主催:Magnetic Pole(マグネティック ポール・秩父太織織元)
協力:秩父市・秩父銘仙協同組合
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー