一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   

こだわりの帯コレクション

お手持ちの着物に「帯を替えるだけで」より素敵な着こなしにすることができます。


京都 西陣 袋名古屋帯 「真綿ドットシリーズ」

ご用途 : カジュアル向き

 
 
この帯の種類 「袋名古屋帯」 は 「八寸帯」 とも呼ばれます。
 
八寸巾 (鯨尺) で織られ 「帯芯を入れずに」 八寸巾のまま仕立てるのでこの名があります。
 
 
この帯は 「紬」 や 「小紋」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
素材には真綿を使用しています。
 
真綿というと暖かい、というイメージですが 「秋のひとえ」 ~ 「冬」 ~ 「春のあわせ」 までお使いいただけます。
 
持っていたら 「春のひとえ」 にも使いたくなるような感覚も持ち合わせています。
 
 
そしてこのシリーズの帯を、当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
 
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、点・線・面の表現で 「立体的」 「モダン」 という意味合いです。
 
 
柄は、ドットを組み合わせが二つと同じにならない、可愛らしい仕上がり
 
京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた逸品です。
 
 
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「真綿ドットシリーズ」

ご用途 : カジュアル向き
 
 
この帯は、京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた袋名古屋帯(八寸帯)です。
 
そして、このシリーズの帯を当店では 「造形織物」 とも呼んでおります。
 
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、点・線・面で表現された 「立体的」 で 「モダン」 という意味合いです。
 
あわせる着物は 「小紋」 や 「紬」 、カジュアル使いの 「お召」 などがオススメです。
 
 
素材には真綿を使用しています。
 
真綿は 「ふわふわ」 「もこもこ」 というイメージかも知れませんが、この帯は非常にスッキリ、シャープな印象を与えます。
 
そういったことからも、1週間ほど前にご紹介しましたこのタイプの淡い色は 「春のひとえ」 にも使いたくなるような感覚も持ち合わせています。
 
その時(5/19)の帯は こちらを ご覧ください。
 
 
この造形織物シリーズの帯は非常に人気があり在庫が流動的になりますので、ご来店の際には事前にお問い合わせいただけましたら幸いです。
 
お問い合わせは、お電話やメール、下の 「この商品を下見する」 ボタンなどからお気軽にどうぞ。
 
 
 
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「きびそドットシリーズ」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き
 
 
◇京都 西陣 袋名古屋帯 「きびそドットシリーズ」
 
 
こちらは、当店の人気商品の一つ 「造形織物」 の帯の夏物です。
 
造形織物というとちょっとわかりにくいのですが、古典的な正倉院文様や名物裂(ぎれ)ではなく、点・線・面などを立体的に表現した、そんな意味合いです。
 
 
春のひとえ~夏の着物がオススメで、具体的には紋の入っていない色無地やお召し、飛び柄の小紋、江戸小紋、紬など。
 
同じような透け感の 「シナ布」 よりも一格上のコーディネートができます。
 
 
名称の 「きびそ」 とは、蚕が最初に吐く糸で繭の一番外側の部分のことです。
 
今まではあまり使われない素材でしたが、硬くハリがある特徴を夏帯に活かしてあります。
 
また、このような硬い糸の場合、 「濡緯(ぬれぬき)」 という緯糸(ぬきいと・よこ糸のこと)を濡らして織る技法が用いられ、織り上がりが型くずれしにくい特徴があります。
 
(硬い糸以外に唐織の時にも使われる技法です)
 
 
京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた逸品です。
 
 
 
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「真綿ドットシリーズ」

ご用途 : カジュアル向き
 
 
この帯の種類 「袋名古屋帯」 は 「八寸帯」 とも呼ばれます。
 
八寸巾 (鯨尺) で織られ 「帯芯を入れずに」 八寸巾のまま仕立てるのでこの名があります。
 
この帯は 「紬」 や 「小紋」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
 
素材には真綿を使用しています。
 
真綿というと暖かい、というイメージですが 「秋のひとえ」 ~ 「冬」 ~ 「春のあわせ」 までお使いいただけます。
 
持っていたら 「春のひとえ」 にも使いたくなるような感覚も持ち合わせています。
 
 
そしてこのシリーズの帯を、当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
 
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、点・線・面の表現で 「立体的」 「モダン」 という意味合いです。
 
 
柄は、ドットを組み合わせて立体的に表現されており、草花の芽生えのイメージ。
 
京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた逸品です。
 
 
 
 

京都 全通 袋帯 「網代格子」

ご用途 : セミフォーマル~カジュアル向き
 
 
 
この帯は 「網代(あじろ)格子」 を丁寧に織り上げた逸品で、セミフォーマルからカジュアルまで幅広く、そして洒脱なコーディネートができます。
 
 
竹などで編んだ様子を紋様化した網代格子は、一般に平面的に織られることが多いのですが、こちらは複雑に織ることで立体的に見える仕上がりです。
 
下の写真をご覧ください。
 
 
 
真田紐が重なっているようにも見えませんか?
 
この織元は様々な技法を駆使することができるので、このような表現が可能なのです。
 
地色は深い緑色で、裏地も同系色になっていますので、締めた時にチラッと見える裏地もお洒落ですよね。
 
 
そして、一見カジュアル限定の帯に感じるかもしれませんが、紬糸は使用しておりませんので 「色無地」 に合わせてお茶席もよろしいかと思います。
 
また 「江戸小紋」 や 「お召し」 に合わせてスマートカジュアルに、袋帯ではありますが大島紬や結城紬などに合わせてカジュアル使いも可能です。
 
柄の部分は 「全通」 ですので、手先からタレまで柄が続いているのもうれしいところ。
 
 
奇をてらわず、着こなしにピリッとアクセントをつけたい方にオススメです。
 
 
 

京都 西陣 すくい織 袋名古屋帯 「ペルシャ陶皿紋」

ご用途 : カジュアル向き
 
 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で 「すくい織」 とは織りの技法のことです。
 
 
すくい織とは、糸を 「すくうように」 織るところからこの名があります。
 
基本的に手織りで作られ、柄の部分の必要なところのみ糸がわたるので軽い仕上がりになります。
 
また 「節(ふし)」 のある紬糸を使う場合が多く、締める時にこの 「節」 がストッパー代わりになって締めやすく緩みにくい特徴があります。
 
 
柄名に 「ペルシャ陶皿紋」 とありますように、陶器の飾り皿の雰囲気を織りで表現した味わいのある帯で、紬やお召しの着物をカジュアルに着こなす時にオススメです。
 
淡い桜色の地色ですので、春先、お花見の季節などにコーディネートされても素敵ですね。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 

京都 西陣 織成 袋名古屋帯 「紗綾形」

ご用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き

 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で、名称の中にある 「織成(しょくせい)」 とは技法のことです。
 
 
綴(つづれ)織の一種で、緯糸(ぬきいと・横糸)が生地の端から端まで貫かず必要な部分のみ手織りで縫い取る、というものです。
 
著名なものとしては、正倉院蔵 「七条織成樹皮色袈裟」 がありますが、近年目にするのは非常に稀となりました。
 
 
合わせる着物は 「色無地」 や 「江戸小紋」 「お召し」 がしっくりくると思いますが、 「飛び柄の小紋」 や 「無地感の紬」 にコーディネートしても良いでしょう。
 
 
柄は大胆な 「紗綾形(さやがた)」 で、中には青海波や七宝などの古典文様が立体的に表現されています。
 
※一般的な紗綾形の文様とは異なりますが、作り手の命名を重視しまして当店でも同様に表記いたしました。
 
金銀糸は用いられていませんが、古典柄であることや織の風格(重厚さ)を感じますので、お席によっては、柄の少なめ訪問着に合わせることも一考です。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 
 

京都 西陣 すくい織 袋名古屋帯 「飾皿草紋」

ご用途 : カジュアル向き (売約済)
 
 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で 「すくい織」 とは織りの技法のことです。
 
 
すくい織とは、糸を 「すくうように」 織るところからこの名があります。
 
基本的に手織りで作られ、柄の部分の必要なところのみ糸がわたるので軽い仕上がりになります。
 
また 「節(ふし)」 のある紬糸を使う場合が多く、締める時にこの 「節」 がストッパー代わりになって締めやすく緩みにくい特徴があります。
 
 
柄名に 「飾皿草紋」 とありますように、陶器の飾り皿の草花模様を織りで表現した味わいのある帯で、紬やお召しの着物をカジュアルに着こなす時にオススメです。
 
草花模様は季節を気にされる方もいらっしゃいますが、この帯の場合は 「ズバリ何の植物」 という表現ではないため、盛夏以外はお使いいただいても良いかと思います。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 

京都 西陣 織成 袋名古屋帯 「四ツ菱」

ご用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で、名称の中にある 「織成(しょくせい)」 とは技法のことです。
 
 
綴(つづれ)織の一種で、緯糸(ぬきいと・横糸)が生地の端から端まで貫かず必要な部分のみ手織りで縫い取る、というものです。
 
著名なものとしては、正倉院蔵 「七条織成樹皮色袈裟」 がありますが、近年目にするのは非常に稀となりました。
 
 
合わせる着物は 「色無地」 や 「江戸小紋」 「お召し」 がしっくりくると思いますが、 「飛び柄の小紋」 や 「無地感の紬」 にコーディネートしても良いでしょう。
 
金銀糸は用いられていませんが、古典柄であることや織の風格(重厚さ)を感じますので、お席によっては、柄の少なめ訪問着に合わせることも一考です。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 

京都 西陣 すくい織 袋名古屋帯 「段取芦文」

ご用途 : カジュアル向き (売約済)

 
 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で 「すくい織」 とは織りの技法のことです。
 
 
すくい織とは、糸を 「すくうように」 織るところからこの名があります。
 
基本的に手織りで作られ、柄の部分の必要なところのみ糸がわたるので軽い仕上がりになります。
 
また 「節(ふし)」 のある紬糸を使う場合が多く、締める時にこの 「節」 がストッパー代わりになって締めやすく緩みにくい特徴があります。
 
 
柄名に 「陶芸芦紋」 とありますように陶器の雰囲気を織りで表現した味わいのある帯で、紬やお召しの着物をカジュアルに着こなす時にオススメです。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 

京都 西陣 織成 袋名古屋帯 「紫地青海波」

ご用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都 西陣織の袋名古屋帯(八寸帯)で、名称の中にある 「織成(しょくせい)」 とは技法のことです。
 
綴(つづれ)織の一種で、緯糸(ぬきいと・横糸)が生地の端から端まで貫かず必要な部分のみ手織りで縫い取る、というものです。
 
著名なものとしては、正倉院蔵 「七条織成樹皮色袈裟」 がありますが、近年目にするのは非常に稀となりました。
 
合わせる着物は 「色無地」 や 「江戸小紋」 「お召し」 がしっくりくると思いますが、 「飛び柄の小紋」 や 「無地感の紬」 にコーディネートしても良いでしょう。
 
金銀糸は用いられていませんが、古典柄であることや織の風格(重厚さ)を感じますので、お席によっては、柄の少なめ訪問着に合わせることも一考です。
 
 
袋名古屋帯(八寸帯)については こちらも ご覧ください。
 
 

京都 西陣 名古屋帯 「網目段文」

ご用途:スマートカジュアル~カジュアル向き
 
この名古屋帯は、写真では網目状の糸が透けるように見えるかも知れませんが夏帯ではありません。
 
合わせる着物は、 「小紋」 や 「紬」 に合わせてカジュアルに、紋なしの 「色無地」 や 「お召し」 に合わせてスマートカジュアルに着こなされてはいかがでしょう。
 
所々に金銀糸が入っていますので、紬の場合は絣のあるものより無地感の方がしっくりくると思います。
 
また、全体の色合いから、春の袷の時期からひとえの頃がオススメですが、秋のひとえの時期もまだまだ暑いのでコーディネートされても良いでしょう。
 
年代幅も広く、さわやかでスッキリとした印象の着こなしになりますね。
 
 
 
 

京都 刺繍 名古屋帯 「八稜草花」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この名古屋帯は全体的に透け感がありますが、夏帯ではありません。
 
お仕立てをする際の 「帯芯」 によって季節感の幅を持たせることができます。
 
具体的には、白い帯芯を入れると透け感がより引き立ちますので、ひとえや夏の着物にコーディネートできます。
また、地色と同じようなカラー芯を入れると透け感が抑えられるので、ひとえや袷の着物に。
 
合わせる着物は、 「小紋」 や 「紬」 に合わせてカジュアルに、紋なしの 「色無地」 や 「お召し」 に合わせてスマートカジュアルに着こなされてはいかがでしょう。
 
スマートカジュアルとはカジュアルすぎない装い、例えば、お稽古ごとの先生とお食事に行く時。
カジュアルで良い席でも、相手や場所に配慮した着こなしをしたい時にオススメです。
 
この刺繍の帯は、年代の幅も広く、上品さ上質さが伝わる仕上がりになっています。
 
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「きびそドットシリーズ」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き
 
この帯は、当店の人気商品の一つ 「造形織物」 の帯の夏物です。
 
造形織物の帯についてはこちらもご覧ください。
 
 
春のひとえ~夏の着物がオススメで、具体的には紋の入っていない色無地やお召し、飛び柄の小紋、江戸小紋、紬など。
 
同じような透け感の 「シナ布」 よりも一格上のコーディネートができます。
 
 
名称の 「きびそ」 とは、蚕が最初に吐く糸で繭の一番外側の部分のことです。
今まではあまり使われない素材でしたが、硬くハリがある特徴を夏帯に活かしてあります。
 
また、このような硬い糸の場合、 「濡緯(ぬれぬき)」 という緯糸(ぬきいと・よこ糸のこと)を濡らして織る技法が用いられ、織り上がりが型くずれしにくい特徴があります。
 
(硬い糸以外に唐織の時にも使われる技法です)
 
 

群馬 草木染 「切嵌」 袋帯

ご用途 : カジュアル向き (売約済)
 
この帯は、複数の草木染の生地を 「切嵌(きりばめ)」 という技法で縫い合わせてできた袋帯です。
 
草木染作家の行松啓子さんは、自身で織り上げた生地を今までと違う形で表現できないか、と考えていた時に出会ったのがこの切嵌でした。
 
この帯は 「紬」 やカジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
行松さんは、出雲絣 ・ 牛首紬 ・ スコットランドのタータン ・ タイの絣織物と幅広い経験の持ち主で 「心地よい布を織るために糸を作り、樹の色を大事に染めています」 とおっしゃる言葉に思いが凝縮されています。
 
 
行松さんのプロフィールは こちらも ご覧ください。
 
 

京都 相良刺繍 袋帯 「草花の調べ」

ご用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
 この帯は、軽やかな生地に 「相良(さがら)刺繍」 が施され、繊細で上品な雰囲気をかもしだす袋帯です。
 
相良刺繍は、玉のように縫い込むところから別名 「玉縫い」 とも呼ばれ、織物とは異なり必要なところのみ刺繍するので軽い仕上がりになります。
 
セミフォーマルとして 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 の着物に、またスマートカジュアルとして 「無地感の紬」 「飛び柄小紋」 などに合わせることをオススメします。
 
無地感の紬に合わせる場合は、真綿100%のものより、生糸を併用して少し光沢のある素材の方がしっくりくるでしょう。
 
 

京都 西陣 袋帯 「ベナレス市松文」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は金銀糸を一切使用せず、絹糸の素材の変化でメリハリをつけた袋帯です
 
文様はインドのベレナス(バラナシ)地方のもので、これを市松状にデザインしモダンな仕上がりになっています。
 
「小紋」 や 「紬」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
この織元の帯は、タレの部分が無地になっているものが多く締めた時の後姿がスッキリと見えるため、柄の多い着物に合わせても素敵な着こなしになるでしょう。
 
 

新潟 ぜんまい紬 袋帯 「流星」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は植物の 「ぜんまい」 を糸状にしたものが織り込まれており、野趣あふれる仕上がりの袋帯です
 
しかしながら、織り上げた後に染めをほどこすことでカジュアルになり過ぎず、スマートカジュアルまで着こなしの幅が広がります。
 
カジュアル使いの 「お召」 や 「紬」 の着物にオススメです。
 
全体的にやや透け感がありますので、袷のほかに 「ひとえ」 の季節にもコーディネートされてはいかがでしょうか。
 
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「井桁格子」

ご用途 : カジュアル向き
 
 こちらは、京都 西陣で織られた袋名古屋帯(八寸帯)です。
 
袋名古屋帯については こちらも ご覧ください。
 
真綿の糸を使用しており、帯の耳(仕立て上がった時の帯の両端)が少し凹凸になるので、カジュアル限定です。
「紬」 の着物を中心に 「お召し」 の着物をカジュアルに着こなしたい時などにオススメです。
 
格子柄の帯ですので、合わせる着物は縞や格子などの幾何学模様は避けたほうが無難でしょう。
また黄色の細い線がアクセントになっており、黄色系の着物に合わせるのもオシャレですね。
 
 
 
 

京都 西陣 すくい織 袋帯 「箔樹象嵌」

ご用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都 西陣で織られた袋帯で 「すくい織」 という技法が用いられています。
 
すくい織とは、糸を 「すくうように」 織るところからこの名があり、柄の部分の必要なところのみ糸がわたるので軽い仕上がりになります。
 
そして普通は糸で表現するところを、この帯の場合は箔を用いることで味わい深い雰囲気に仕上がっています。
これは手織りでないとできないものです。
 
キラキラと全面に光る箔ではありませんので、幅広く着物にコーディネートできます。
 
セミフォーマルとして 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 の着物に、またスマートカジュアルとして 「無地感の紬」 「飛び柄小紋」 などに合わせることをオススメします。
 
 
上の写真は前柄 (お腹の柄) ですが、お太鼓同様に組紐状のアクセントがオシャレな雰囲気をかもしだしています