日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗きもの専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

2020年の東京オリンピックにむけて着物をはじめとする日本文化が注目されています。着こなしにこだわった着物姿、着物スタイルを提案する創業170周年の老舗呉服店 日本橋 谷屋です。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
   

こだわりの帯コレクション

お手持ちの着物に「帯を替えるだけで」より素敵な着こなしにすることができます。


京都 西陣 手織 袋名古屋帯 「井桁格子」

用途 : カジュアル向き
 
 
 こちらは、京都 西陣で織られた袋名古屋帯(八寸帯)です。
 
袋名古屋帯については こちらも ご覧ください。
 
真綿の糸を使用しており、帯の耳(仕立て上がった時の帯の両端)が少し凹凸になるので、カジュアル限定です。
「紬」 の着物を中心に 「お召し」 の着物をカジュアルに着こなしたい時などにオススメです。
 
格子柄の帯ですので、合わせる着物は縞や格子などの幾何学模様は避けたほうが無難でしょう。
また黄色の細い線がアクセントになっており、黄色系の着物に合わせるのもオシャレですね。
 
 
 
 

京都 西陣 手織(すくい織)袋帯 「箔樹象嵌」

用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル
 
この帯は京都 西陣で織られた袋帯で 「すくい織」 という技法が用いられています。
 
すくい織とは、糸を 「すくうように」 織るところからこの名があり、柄の部分の必要なところのみ糸がわたるので軽い仕上がりになります。
 
そして普通は糸で表現するところを、この帯の場合は箔を用いることで味わい深い雰囲気に仕上がっています。
これは手織りでないとできないものです。
 
キラキラと全面に光る箔ではありませんので、幅広く着物にコーディネートできます。
 
セミフォーマルとして 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 の着物に、またスマートカジュアルとして 「無地感の紬」 「飛び柄小紋」 などに合わせることをオススメします。
 
 
上の写真は前柄 (お腹の柄) ですが、お太鼓同様に組紐状のアクセントがオシャレな雰囲気をかもしだしています
 
 
 

京都 西陣 手織り袋名古屋帯 「真綿UNKAI」

用途 : カジュアル向き 
 
この帯の種類 「袋名古屋帯」 は 「八寸帯」 とも呼ばれます。
八寸巾 (鯨尺) で織られ 「帯芯を入れずに」 八寸巾のまま仕立てるのでこの名があります。
 
この帯は 「紬」 や 「小紋」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
素材には真綿を使用しており、このシリーズの帯を当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく 「立体的」 で 「モダン」 という意味合い。
 
京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた逸品です。
 
 
この帯のもう一つの特徴は 「前の柄」 です。
ちょうど帯を締めた時の前柄が上の写真なのですが、あえてお太鼓の色を使わずシンプルな仕上がり。
 
帯締めや帯揚げのオシャレが楽しめます。
 
 
 

京都 西陣 手織り袋帯 「切箔 壷垂れ」

用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都 西陣で織られた袋帯で 「切箔(きりばく」 という素材が使われています。
 
切箔とは、和紙に金銀の箔を貼り、これを1ミリほどの細さに裁断して横糸として織り上げます。
しかしこの切箔は、通常の倍以上の巾にして織り込み、味わい深い雰囲気に仕上がっています。
この表現は手織りでないとできないものです。
 
キラキラと全面に光る箔ではありませんので、幅広く着物にコーディネートできます。
 
セミフォーマルとして 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 の着物に、またスマートカジュアルとして 「無地感の紬」 「飛び柄小紋」 などに合わせることをオススメします。
 
 
前柄 (お腹の柄) も、お太鼓に負けずオシャレな雰囲気をかもしだしています
 

京都 西陣 ふくれ織袋帯 「花鳥更紗」

用途 : セミフォーマル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都 西陣で織られた袋帯で 「ふくれ織」 という技法が用いられています。
 
ふくれ織とは、糸に強い撚りをかけて 「縮み」 のようなシボを作り、独特の凹凸感を出す技法です。
この帯の場合、多色の色糸を使わず後染めを施すことで 「非常に軽い」 仕上がりになっております。
 
セミフォーマルとして 「柄が少なめ訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 の着物に、またカジュアルとして 「紬」 「飛び柄小紋」 などに合わせることをオススメします。
 
 
 
裏は縞柄になっており両面お使いいただけます。
全通 (ぜんつう・帯一本すべてに柄があるもの) なので、前柄 (お腹の柄) を気にせず締められるのもうれしいところです
 

京都 西陣 唐織袋帯 「能楽色紙歌仙文」

用途 : フォーマル~セミフォーマル向き (売約済)

このタイプの帯は、TPOが比較的イメージしやすいと思います。

結婚式やパーティなどハレのお席、「黒留袖」 や 「色留袖」 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 の着物に合わせるのがオススメです。

 

また、ちょっと高級なレストランでのお食事会やお茶の初釜などでも上品な着こなしになります。

 

この帯は 「唐織からおり」 と呼ばれ糸が浮き上がって見えるのですが、通常の唐織よりもさらに立体的にボリューム感たっぷりに仕上がっている逸品です。

京都 西陣 袋帯 「箔遊び市松文」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き
 
この帯は、紬の糸を使用していますので基本的にカジュアル向きの帯です。
袋帯ですが、 「紬」 や 「小紋」 に合わせることをオススメします。
 
柄名に 「箔遊び」 とありますように光らない箔の糸が随所に織り込まれ、カジュアルすぎない装い、 「お召」 に合わせてスマートカジュアルとしてもお使いいただけます。
 
 
裏地はうっすら縞模様になっており、チラッと見えるオシャレ 「江戸の粋」 も楽しめます。
 
 
 

京都 西陣 染め名古屋帯 「染め疋田段文」

用途:スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都で作られた 「染め」 の名古屋帯です。
 
「紬」 や 「小紋」 に合わせてカジュアルに、紋なしの 「色無地」 や 「お召し」 に合わせてスマートカジュアルにコーディネートできます。
 
スマートカジュアルとはカジュアルすぎない装い、例えば、お稽古ごとの先生とお食事に行く時。
カジュアルで良い席でも、相手や場所に配慮した着こなしをしたい時にオススメです。
 
柄の 「染め疋田」 は、疋田(ひった)絞りを染めで表現したという意味です。
絞りほど凹凸がないのでスッキリした印象になりますね。
 
また、染め疋田の間にある花織り調の横段もアクセントになって、オシャレ感たっぷりな帯に仕上がっています。

京都 西陣 手織り袋帯 「クロスポイント」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は、京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた袋帯です。
 
そして、このシリーズの帯を当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、 「立体的」 で 「モダン」 という意味合いです。
 
「小紋」 や 「紬」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
素材には真綿を使用しています。
真綿というと暖かい、というイメージですが 「秋のひとえ」 ~ 「冬」 ~ 「春のあわせ」 までお使いいただけます。
お色的には秋冬がしっくりきますね。

全体的にスッキリしていますので 「帯締め」 や 「帯揚げ」 も映え、小物のコーディネートが楽しくなります。
 

京都 西陣 袋帯 「新 熨斗目」

用途 : フォーマル~セミフォーマル向き
 
京都 西陣で織られたこの袋帯は一見シンプルに見えますが、図案をはじめ糸や箔などのクオリティの高さから上品さとシャープさが伝わってきます。
 
結婚式やパーティなどハレのお席、「黒留袖」 や 「色留袖」 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 の着物に合わせるのがオススメです。 
 
この雰囲気で黒留袖は大丈夫?と不安視される方もいらっしゃるかと思います。
もちろん場の雰囲気や周りの方との調和ですべてOKではありませんが、現代の感覚ではスッキリと素敵な着こなしになると思います。
 
また、黒留袖以外のフォーマルの着こなしとしては 「相手」 を立てて 「少し控えめ」 も大切なポイントですよね。
 
 
細部まで繊細かつ緻密に織り上げられた逸品です。
 
 
 

鹿児島 手織り名古屋帯 「太子間道」

用途:スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は、鹿児島で草木染めと手織りによって作られた名古屋帯です。
 
オススメの着物は 「紬」 ですが、節のある糸を使用していませんので 「お召」 の着物に合わせてスマートカジュアルと呼ばれるカジュアルすぎない着こなしもできます。
 
柄名の 「太子間道」 は本来、赤の絣文様の古代裂(きれ)ですが、作り手によってアレンジ創作されシンプルな仕上がりになっています。

全通 (ぜんつう・帯一本すべてに柄があるもの) なので、前柄(お腹の柄)を気にせず締められ、さらに軽い仕上がりなのもうれしいところです
 

山形 米沢 袋帯 「さくらんぼ花織」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は、山形 米沢で織り上げられた袋帯です。
 
素材に真綿を使用しておりますので基本カジュアル向き、 「紬」 や 「小紋」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
また、袋帯ですので 「紬の訪問着」 と呼ばれる紬の中でもちょっとフォーマル感のある着物にも合わせることができます。
 
糸を 「さくらんぼ」 で染めてありますので、色合いが優しく着姿が柔らかい印象になります。
 
 
写真のように裏地はメリハリある色の格子柄が付いていますので、お太鼓を結んだ時に横からチラッと見えるアクセントもお洒落です。

京都 西陣 名古屋帯 「吉祥草花文」

用途 : セミフォーマル~カジュアル向き
 
この帯は、京都 西陣で織り上げられた名古屋帯です。
 
オススメの着物は 「色無地」 「お召し」 「小紋」 など。
 
文様は抽象的なので季節を問わずお使いいただけます。
「桐の花」 や 「羊歯(しだ)の葉」 のようにも見えるので 「吉祥」 となっています。
 
名古屋帯ですので基本はカジュアルですが、色無地に合わせてちょっと改まったお席へも可能ですので、セミフォーマルからOKとしました。
 
 
上の写真は前柄(お腹の柄)ですが、ワンポイント柄ではありませんので、結ぶ時の位置を気にせず使えるのもうれしいところです。
 
 
 
 

京都 西陣 手織り袋帯 「さざれドット」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き
 
この帯は、京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた袋帯です。
 
そして、このシリーズの帯を当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、 「立体的」 で 「モダン」 という意味合いです。
 
「小紋」 や 「紬」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
素材には真綿を使用しています。
真綿というと暖かい、というイメージですが 「秋のひとえ」 ~ 「冬」 ~ 「春のあわせ」 までお使いいただけます。
持っていたら 「春のひとえ」 にも使いたくなるような感覚も持ち合わせています。

全体的にスッキリしていますので 「帯締め」 や 「帯揚げ」 も映え、小物のコーディネートが楽しくなります。
 
 
 

京都 西陣 名古屋帯 「唐草花菱文」

用途 : セミフォーマル~カジュアル向き
 
この帯は、京都 西陣で織り上げられた名古屋帯です。
 
オススメの着物は 「色無地」 「お召し」 「小紋」 など。
 
文様は 「唐草」 や 「花菱」 などの古典的なものをモダンにデザインしてあります。
また、季節を問わずお使いいただけます。
 
名古屋帯ですので基本はカジュアルですが、色無地に合わせてちょっと改まったお席へも可能ですので、セミフォーマルからOKとしました。
 
 
上の写真は前柄(お腹の柄)ですが、ワンポイント柄ではありませんので、結ぶ時の位置を気にせず使えるのもうれしいところです。
 
 
 
 
 

京都 染め袋帯 「正倉院花鳥文」

用途 : セミフォーマル~スマートカジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都で作られた 「染め」 の袋帯です。
 
一般的に、袋帯の場合は 「染めよりも織りの方が格が上」 ととらえられます。
 
ここを基準にしますと、 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「お召し」 「飛び柄の小紋」 などの着物に合わせることをオススメします。
 
「総柄の小紋」 や 「紬」 に合わせられなくもないのですが、生地の表と裏の間に 「布状の金」 が挟み込まれていますので、少しフォーマル感が出てしまいカジュアルすぎる装いはオススメしません。
 
柄の部分が織物ではないために軽い仕上がりになっており、長時間の着用でも重さを感じません。
 
 

京都 西陣 袋帯 「筋入唐草文」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は京都 西陣で織られた袋帯で、大部分が無地で両脇に唐草文が配された個性的なデザインです。
 
紬糸が使われていますのでカジュアル向きですが、 「紬の訪問着」 や 「無地感のお召し」 などに合わせるとスマートカジュアルと呼ばれる、カジュアル過ぎないお席にもお使いいただけます。
 
カジュアルな着こなしの場合は、小紋より紬に合わせることをオススメします。
これは決まりではなく感覚の部分なので、個人差はありますが。
 
着物とのコーディネートはもとより、小物合わせも楽しくなる帯です。
 
 

京都 本手組み 袋帯 「捩り」

用途 : フォーマル~スマートカジュアル向き  (売約済)
 
この帯は織物ではなく 「組み」 という技法で作られた袋帯で、組みの裂(きれ)は正倉院御物にもみられます。
 
現在、 「手組み」 で仕上げた帯はほとんどありません。
 
一般的な組みの帯は、狭い幅に組んだものを横につなげて帯状にしたものがほとんどです。
※組みをつないだ帯が悪いという意味ではありません。
 
全体的に幾何学模様ですので、着物の柄を気にすることなく 「留袖」 「色留袖」 「訪問着(付け下げ)」 「色無地」 「お召し」 「飛び柄の小紋」 などの着物に幅広く合わせることができます。
 
組みは 「縦糸」 しか使わないので、織物とは異なり編み物のようにも見えて、独特の雰囲気がかもしだされます。
※織物は「縦糸と横糸」で作られます。
 

京都 西陣 袋名古屋帯 「花鳥獣文」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
 こちらは、京都 西陣で織られた袋名古屋帯(八寸帯)です。
 
袋名古屋帯については こちらも ご覧ください。
 
名古屋帯ですのでカジュアル向きですが、紬の糸を使用しておらず、帯の耳(仕立て上がった時の帯の両端)も凹凸なくきれいな仕上がりですので、スマートカジュアルまでお使いいただけます。
 
小紋や紬の着物に合わせてカジュアルに、お召しに合わせるとスマートカジュアルになります。
スマートカジュアルとはカジュアル過ぎない着こなし、観劇やお食事処などでちょっとキリッとしたい時などに。
 
 

京都 西陣 全通名古屋帯 「浮織花段文」

用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き (売約済)
 
この帯は、京都 西陣で織られた名古屋帯で、小さな花文や菱文が段状に配されています。
 
カジュアルに 「小紋」 や 「紬」 に合わせることをオススメしますが、場合によってはお茶席の 「色無地」 にもお使いいただけます。(お茶席の場合は先生や周りの方に事前にご相談ください)
 
また、コーディネート次第で 「お召し」 に合わせてスマートカジュアルな着こなしも素敵です。
スマートカジュアルとはカジュアルすぎない装いのことです。
 
 
全通 (ぜんつう・帯一本すべてに柄があるもの) なので、前柄(お腹の柄)を気にせず締められ、さらに軽い仕上がりなのもうれしいところです