一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   

こだわりの帯コレクション

お手持ちの着物に「帯を替えるだけで」より素敵な着こなしにすることができます。


京都 西陣 袋名古屋帯 「真綿ラインシリーズ」

ご用途 : カジュアル向き (売約済)
 
この帯の種類 「袋名古屋帯」 は 「八寸帯」 とも呼ばれます。
八寸巾 (鯨尺) で織られ 「帯芯を入れずに」 八寸巾のまま仕立てるのでこの名があります。
詳しくは、最下段 「キリム」 の帯の箇所もご覧ください。
 
この帯は 「紬」 や 「小紋」 、カジュアル使いの 「お召」 の着物にオススメです。
 
素材には真綿を使用しています。
真綿というと暖かい、というイメージですが 「秋のひとえ」 ~ 「冬」 ~ 「春のあわせ」 までお使いいただけます。持っていたら 「春のひとえ」 にも使いたくなるような感覚も持ち合わせています。
 
そしてこのシリーズの帯を、当店では 「造形織物」 と呼んでおります。
正倉院文様とか名物裂(めいぶつぎれ)などの古典文様ではなく、 「立体的」 で 「モダン」 という意味合いです。
 
柄は、絵の具のパレットのイメージで、何とも楽しい仕上がり。
京都 西陣の熟練の職人さんが1点1点手織りで織り上げた逸品です。
 
 
この帯のもう一つの特徴は 「前の柄」 です。
ちょうど帯を締めた時の前柄が上の写真なのですが、柄は上の方だけで 「帯締めの場所が空いている」 のです。
 
無地の部分に帯締めがくるので、スッキリとした着こなしになります。
こうすることにより 「帯」 も 「帯締め」 も 「着物」 も映え、何より 「着姿」 が素敵になります。
 
 

京都 西陣 唐織 袋帯 「露芝秋草文」

ご用途 : フォーマル〜セミフォーマル向き (売約済)

 
 「唐織からおり」 と呼ばれる帯をご覧になられた方は多いと思います。特徴は、柄糸が浮き上がったように織られているところです。
 

 一般的に唐織は 「織機しょっき」 と呼ばれる機械織りがほとんどで、今回ご紹介する手機てばた・わかりやすくは手織りは大変希少です。

 

では、何が違うのかというと

「糸の浮き上がり盛り上がりが大きい」 こと 「必要なところだけ糸が渡るので軽い」 ことでしょうか。

 

 

「留袖」 「色留袖」 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」の着物に合わせるのがオススメです。

 

結婚式はもとより、ちょっと高級なレストランでのお食事会や、お茶の初釜など、金銀がほとんど使われていないので上品な着こなしになります。

 

 

手描き江戸友禅 染名古屋帯「日本橋」

ご用途 : スマートカジュアル~カジュアル向き
 
 
こちらは、当店のある「日本橋」をイメージして創作した帯です。

「色無地」「小紋」「紬」の着物に合わせるのがオススメです。

 

「色無地」や「飛び柄の小紋」に合わせるとスマートカジュアルに、「総柄の小紋」や「紬」に合わせるとカジュアルな着こなしになります。

 

遊び心で作りましたので「今日はちょっぴり個性的に」という時にお使いください。

 

 

京都 西陣 袋帯「亀甲華文」

ご用途 : フォーマル〜セミフォーマル向き
 
 
 
このタイプの帯は、TPOが比較的イメージしやすいと思います。
 
結婚式やパーティなどハレのお席、「黒留袖」 や 「色留袖」 「訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 の着物に合わせるのがオススメです。
 
フォーマル向きの袋帯には、もっと・キラキラしたもの、ゴージャスなものもたくさんありますが、フォーマルのお席は 「相手」 がいらっしゃり「少し控え目が上品」なケースが多いのではないでしょうか。
 
 
 
 

京都 西陣 唐織 袋帯「菱地鳳凰丸文」

ご用途 : フォーマル〜セミフォーマル向き (売約済)
 
 
 
 
「留袖」「色留袖」「訪問着」「付け下げ」「色無地」の着物に合わせるのがオススメです。
 
より具体的には、結婚式や七五三などのお祝いのお席、お茶席などが現実的でしょうか。 
 
こちらの帯は「金銀の糸を使っていない」ため、華美にならずに上品に個性が出せる着こなしになります。
 
西陣袋帯「亀甲華文」より「少し個性的」で「少し柔らかい」印象になります。
 
 

京都 西陣 袋帯「リヨン装飾文」

ご用途 : セミフォーマル〜スマートカジュアル向き (売約済)
 
 
 
 
この帯は 「金や銀の糸」 が使われておりませんので、 「柄が少なめ訪問着」 「付け下げ」 「色無地」 「小紋」 「紬」 の着物など、幅広く合わせるのことができます。
 
しかし、スマートカジュアルと呼ばれる、カジュアル過ぎない着こなし辺りまでがオススメです。
 
紬の中でも 「民芸調の絣柄」 に合わせるのは、しっくりこないかも知れません。
 
こちらの帯は 「必要なところのみ糸がわたっている」 ので、軽い仕上がりです。
 
地色は、真っ白ではなく「白汚し」(あまりキレイではない業界用語です) なので、色々な帯締め合わせが楽しめます。
 
 

京都 西陣 袋帯「市松取り笹蔓」

ご用途 : スマートカジュアル向き
 
 
 
この帯は「真綿」の糸が使われていますので、少しカジュアル感があります。そこで「飛び柄の小紋」や「柄の少なめ訪問着」「無地感のお召」や「紬」「色無地」などの着物に合わせるのがオススメです。

 

贅沢な使い方ですが、スマートカジュアル限定がしっくりくるかもしれません。

 

名物裂などで有名な「笹蔓」の文様を「真綿」を使って表現した素敵な帯です。

 

 
 

手描き江戸友禅 染め名古屋帯「雪持ち笹」

ご用途:スマートカジュアル~カジュアル向き 
 
 

 

この帯は「柄が少なめ訪問着」「付け下げ」「色無地」「小紋」「紬」の着物に合わせるのがオススメです。

 

*訪問着、付け下げ、に合わせる場合はTPOを考えなくてはならず、少し高度でしょうか。

 

スマートカジュアルとして具体的には、少し格のあるレストランでのお食事(引き立てる相手がいない場合が良いでしょう)。この辺りの感覚が難しいところです。

 

カジュアルとしては、これはもうどこでも大丈夫です。

 

また、この帯は「季節感がある」ため、秋から冬にかけてがベストです。

 

 

京都 西陣 袋名古屋帯 「キリム」

ご用途:カジュアル向き (売約済
 

 

まず、この帯の種類「袋名古屋帯」について。

 

八寸巾 (鯨尺) で織られることから八寸帯とも呼ばれ「帯芯を入れずに」仕立てます。

 

それに対して一般的な名古屋帯は、九寸巾で織られ「帯芯を入れて」八寸巾に仕立てます。

 

現在は八寸巾より少し広く八寸二分くらいで仕立てることが多くなりました。

 

これは日本人の体型が昔よりも大きくなったからで、細身の方は今でも「八寸巾で」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

真綿の糸を使用して八寸巾で織ると、帯の耳 (仕立て上がった時の帯の両端) が少し凸凹になるので、カジュアル限定の帯となります。

 

この帯は、「紬」の着物を中心に「お召し」の着物をカジュアルに着こなしたい時などがオススメです。

 

 

この帯の特徴として、前の柄と後ろの柄が違うところです。

 

写真の左側が前 (お腹) の柄です。

 

前後のギャップがお楽しみいただけます。


 

当店の帯はいかがですか?

 

冒頭にもお伝えしましたが「出過ぎず、引っ込み過ぎず。」という着こなしをご提案しています。

これは「出しゃばり過ぎず、控えめ過ぎず。」

そんなお手伝いをいたします。