一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業170周年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業170周年の千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです。
   
トップ > ニュース

【日本橋情報】 ロートレックとアートになった版画・ポスター展

[2017年10月07日]
当店近く? というよりは東京駅近くの三菱一号館美術館にて 「パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」 が10/18(水)よりはじまります。
 
 
 
19世紀末のパリ、それまで情報伝達や複製の手段でしかなかった版画は、新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアとなりました。
 
トゥールーズ=ロートレックや世紀末の前衛芸術家たちによって、版画は絵画と同じく芸術の域にまで高められ、それらを収集する愛好家も現われました。
 
一方で、大衆文化とともに発展したポスター芸術は、かつてないほど多くの複製イメージが都市にあふれ、美術は人々の暮らしにまで浸透していきました。
 
この世紀末のパリにおいて 「グラフィック・アート」 は生活と芸術の結節点であり、だからこそ前衛芸術家たちの精神が発揮された、時代を映すメディアであったといわれています。
 
本展は、こうした19世紀末のパリにおける版画の多様な広がりを検証するもので、貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計140点が展覧されます。

 
10/18(水)~来年1/8(月・祝)まで、入場料は一般1700円です。
 
※ただいま前売券発売中(1500円)
 
 
また、美術品鑑賞には着物がとっても良く似合います。
 
着物ビギナーの方は、着物で出かけるチャレンジのきっかけに ・・・
 
着慣れている方は、美術品や建物との調和を考えた着物コーディネートなど ・・・
 
帯締めや帯揚げ、帯留などの和装小物にも秋色を意識したいものです。
 
 
ぜひ日本橋へ着物でお出かけください。
 
 
三菱一号館美術館
℡ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
 
 
日本橋 谷屋のイベント情報は こちらも ご覧ください。