一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業170周年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業170周年の千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです。
   
トップ > ニュース

お召しの着物に合わせる帯

[2017年09月30日]
 
 
先日 「お召しの着物にはどのような帯を合わせたら良いのですか?」
 
というお問い合わせをいただきました。
 
 
そもそも 「お召し」 の着物のジャンル分けで悩まれる方が多いようです。
 
お召しはフォーマルなのかカジュアルなのか ・・・
 
訪問着のように裾に模様があるお召しでしたらフォーマル、織り柄が格調高く単色の色無地のように見えるものはセミフォーマル、小紋のように総柄で色使いも色々な場合はスマートカジュアルからカジュアル、ざっくりこのような着こなし向きでしょうか。
 
 
上の写真のお召しは、色無地と小紋の中間(またこれがややこしいですね)のような着物です。
 
色無地ほど単色ではないけれども、小紋のように柄々していない、という意味です。
 
 
写真左は、真綿素材で織られた袋名古屋帯(八寸帯)を合わせてカジュアルな着こなし。
 
お友達とのお食事会、観劇、美術館などへのお出かけなど、気軽にお出かけください。
 
 
写真右は、名物裂の袋帯を合わせてもう少しよそ行きな着こなし。
 
お茶席(お席によります)や目上の方とのお食事会など、大袈裟ではないけれども少し気を使う、そんな時にいかがでしょう。
 
 
このほか、染めの名古屋帯や織りの名古屋帯もコーディネートできますが、また次回お写真とともにお伝えしたいと思います。
 
 
お召しの着物に限らず、コーディネートに悩まれましたら、どうぞ気軽に日本橋 谷屋へお尋ねください。
もちろん当店で購入されたものでなくても結構です。
 
ご相談やご来店予約などは こちらへ
 

また、当店にあります帯は こちらも ご覧ください。