一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   
トップ > ニュース

【日本橋情報】 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 「忘れられない、」

[2018年01月18日]
 
 
当店近く? というよりは水天宮駅近くのミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションにて 「忘れられない、」 がただいま開催中です。
 
 
こちらは1998年にヤマサ醤油株式会社が開設した美術館で、10代目社長 濱口儀兵衛の三男 浜口陽三の作品が収蔵・展示されています。
 
ただいま春の企画展として、浜口陽三、カロリーナ・ラケル・アンティッチ、前原冬樹、向山喜章、4名の作家の作品が展示されています。
 
 
銅版画家 浜口陽三は、さくらんぼや毛糸などのモチーフを選び、カラーメゾチント技法を用いて新しい作品世界を生み出しました。
 
カロリーナ・ラケル・アンティッチは、思春期を思わせる少年少女を、軽い筆致と透明感のある色彩で描きます。
 
前原冬樹は、日常ふと目にする事物や景色に着眼し、ユーモアを交えて写生するように彫刻します
 
向山喜章は、一貫して不可視に宿る光の表現に向き合ってきました。彼方から届く光を、色を重ね、ワックスで包むことで現します。
 
(敬称略)
 
 
4名の作家のつくりだす空間は、私たちの記憶やイメージと交差します。
 
ひきだしの奥にしまってあった心のかけらにささやきかける作品の数々をご覧ください。
 
 
会期は4/15(日)まで、入場料は一般600円です。
 
日本橋へお出かけの際には、ぜひ一度。
 
 
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
℡ 03-3665-0251
 
 
当店のイベント情報は こちらも ご覧ください。