一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   
トップ > ニュース

着物の豆知識 「着た後のお手入れ編」

[2018年05月10日]
 
 
不定期ですが、着物に関する豆知識をご紹介していきます。
 
内容については経験値によるところが大きいため、すべての方や状況にあてはまらないことがありますこと、ご承知おきください。
 
今回は 「着た後のお手入れ」 について。
 
 
一日中着ていた時はもちろん、数時間の着用でも必ず陰干しするようにします。
 
なるべく和装ハンガーを使って、最低でも半日は陰干しを。
 
直射日光は厳禁です!
 
着物のほかに帯、帯揚げなどの小物、腰紐などの着付け道具も忘れずに空気を通します。
 
洗えるものは洗って、こざっぱりと次回に備えます。
 
陰干しは、着物や帯に含まれた湿気をとるため。
 
そのまましまってしまうとカビの原因となります。
 
空気を通すことが肝心です。
 
きちんと陰干ししてトラブルを防ぎましょう。
 
既に起きてしまったトラブルはご相談くださいませ。
 
 
★しまう時の一手間★
 
 
外気にさらされた着物は目に見えないほこりや花粉が付着しています。
 
ブラシなどを使って、布目に沿って汚れをとります。
 
ブラシは豚毛や、カシミヤ用などを用いるとよいのですが、ベルベットの布でも代用できます。
 
着用後のシワもそのまましまうのは気が引けるかも知れません。
 
アイロンはあまりオススメできませんが、かける時は裏から。
 
表からかける場合はあて布をします。
 
シワがきつい時はあて布を霧吹きで少し湿らせてからかけるとよくとれます。
 
これは和裁士もよく使うワザです。
 
アイロンはぎゅっと押し付けないように。
 
化繊の着物はアイロンの設定温度に注意してください。
 
 
上の写真のブラシは従来のきものブラシと異なり、天然豚毛のほかに静電気除去繊維が使用されていますので、ブラッシング後もホコリを寄せ付けません。
 
これで空中にあるホコリも気にせず、安心ですね。
 
価格は1,800円(税込)です。
 
在庫は常時変動しておりますが、ぜひ一度ご覧くださいませ。