一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   
トップ > ニュース

【日本橋情報】 三井記念美術館にて 「金剛宗家の能面と能装束」

[2018年07月13日]
 
 
ただいま日本橋 谷屋近くの三井記念美術館にて 「金剛宗家の能面と能装束」 が開催中です。
 
 
京都を拠点とする金剛流は、能のシテ方流派の一派で法隆寺に仕えた猿楽座 「坂戸座」 が源流。
 
坂戸金剛家23世 金剛右京氏慧に跡継ぎがなく、伝家の能面54面を北三井家 三井八郎右衛門に譲り、昭和11年、金剛宗家の絶家を遺言して没しましたが、翌年に野村金剛家から金剛巌を家元にたて継承しました。
 
三井家の譲られた能面は、1984(昭和59)年に三井文庫に寄贈され、現在は三井記念美術館の所管となっています。
 
今回の企画展は、三井家と金剛流の関わりから開催することになりましたが、同様の展示は東京都内では初めてとなり、展示品も大部分が初公開です。
 
能面58面というように、演能者の能面に対する思い入れの深さと能面観がうかがえる展示となっています。
 
※敬称略

 
このところ暑さ厳しい毎日ですが、たまには夏の着物で美術館見学などいかがですか?
 
ゆかたでも良いですが、装束がテーマでもある能の展示ですので、衿を付けて足袋を履いてスマートカジュアルな着こなしはいかがでしょうか。
 
スマートカジュアルとはカジュアル過ぎない装い、少しだけよそ行き感を出して。
 
 
「金剛宗家の能面と能装束」
 
会期 : 6/30(土)~9/2(日)
 
入館料 : 一般1,300円
 
 
日本橋へお出かけの際には、ぜひ一度。
 
 
三井記念美術館
東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
℡ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
 
 
日本橋 谷屋のイベント情報は こちらも ご覧ください。