一級和裁士のいる店、日本橋 谷屋は、嘉永元年創業の老舗着物専門店です。出過ぎず、引っ込み過ぎず。をコンセプトにお客様のご要望に合わせた最適な着物のおしゃれをご提案いたします。

東京好みで定評がある日本橋の創業171年の老舗呉服店。着物好きの女性を美しく彩る逸品をお求めやすい価格でご提供。唐織等の西陣袋帯、塩瀬や麻の染なごや帯、人間国宝、無名の一流作家作品など生涯の愛着に耐えるおしゃれで通好みの品揃えです。

日本橋 谷屋へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
ご来店予約が便利でお得です。いまなら嬉しいプレゼント進呈中!
東京 日本橋の呉服屋 「谷屋」 のブログです。着物や帯、日本橋の地域にまつわることなどを日々ご紹介しています。
日本橋 谷屋のFacebookページのご案内です。こちらもぜひチェックしてください。
3分で結べるかんたん帯結びをご紹介します。楽詩帯が便利です。
千葉県 香取市・佐原・旭市・銚子市・東庄町・多古町・神崎町・匝瑳市、茨城県 神栖市・潮来市・鹿嶋市・行方市の振袖と振袖レンタルの地域最大の品揃え、谷屋呉服店。 あなただけに似合う振袖をご提案し、成人式当日の振袖に似合う髪飾りの小物なども豊富にご用意しています。
▲創業171年 千葉県香取市の谷屋呉服店はこちらです
日本橋 谷屋へのご来店予約はこちらから。ネット予約が便利です。
   
トップ > ニュース

ギャラリーにて 「京真田紐展」

[2018年09月24日]
 
 
ホームページの「併設ギャラリー」(予告欄)を更新しました。
 
 
◇【京真田紐展】
 
10月27日(土)~ 10月29日(月)
 
※27日の 「京真田紐のお話」 講演中は参加者以外の入場はご遠慮ください(詳細は下記スケジュールご参照)
 
 
「京真田紐師 江南(えなみ)」 の15代目 和田 伊三男 氏が受け継ぐ手織りの真田紐。
 
真田紐は、組紐の一種ではなく独立した一つの紐種で、作り方も使い方も異なります。
 
 
真田紐は機を使い、タテ糸とヨコ糸で平たい紐状に織っていくもの、「組む」 のではなく 「織る」 のです。
 
つまり、世界で最小に近い織物といえます。
 
 
また、組紐はシルクロードから中国を経て日本の宮中に伝来されたとする書物や記録がありますが、この真田紐は武士や民間の紐であり、書物や記録をたどるのが難しいといわれます。
 
戦国時代の武将 真田 幸村が作りはじめたという説もありますが、さてどうなんでしょう?
 
 
会期初日の10月27日は、江南15代目 和田伊三男 氏による 「京真田紐のお話」 も開催いたします。
 
 
◇京真田紐のお話
 
10月27日(土) 11時~ ・ 14時~ ・ 16時~
※講演中は参加者以外の入場はご遠慮ください
 
講演時間 : 約45分
 
定員 : 各回 5名様 (予約優先)
 
参加費用 : お一人様 3,000円
 
参加特典 : 江南さんの真田紐(三分紐)1本プレゼント
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

会期中は、真田紐に製品のほか、関係する資料展示もおこないます。
 
近年の真田紐は木綿製や化繊製が多くなっていますが、京真田紐は正絹か木綿。
 
そして、一枚ものの 「一重織」 のほかに、袋状に織る 「袋織」 も江南さんでは手掛けています。
 
 
帯留用の三分紐や二分紐、真田紐の創作小物などの展示販売もおこないます。
 
ギャラリーへの入館料は無料ですので、はじめての方もどうぞ気軽にご覧ください。
 
 
お問い合わせ・お申し込みは、下記のボタンまたはお電話などで気軽にどうぞ。
 
 
 
日本橋 谷屋のギャラリー情報は こちらも ご覧ください。